日産のリーフに試乗してみました。

横浜のみなとみらいにある日産グローバル本社ギャラリーで、最新型リーフの試乗ができます。

ちなみに自動運転のプロパイロットも装備されています。

始めてのったEVは加速の良さにまず驚きです。高速道路走行も試せるのですが、上り坂の合流という場面でもアクセルを少し踏み込むだけであっという間に、法定速度に達することができます。

その後、プロパイロットの自動運転に切り替わります。白線を読み取って、車線の中央をうまくコントロールされます。

最初は、轍に取られているのかという感覚でしたが、実はプロパイロットによる制御でした。

でも、工事中の区間を走ることになり、パイロンが白線の上に重なるようなじょうきょうになりました。すると、プロパイロットは解除され、手動運転に戻ります。これは注意が必要です。

ちなみにハンドルには必ず手を添えていなければ、プロパイロットは動作しなくなるということでした。あくまでサポートですね。完全自動運転というわけにはいきません。

さらに、プロパイロットパーキングも体験しました。日産、追浜工場の敢えて、古くて狭い駐車場でやってみます。最近の商業施設なんかの駐車場では広くて、白線のラインもしっかりしているものが多いですが、そんな良質な駐車場ではなくてもしっかり機能することがわかります。

これに慣れると、手動駐車ができなくなりそう。そのぐらいプロパイロットパーキングの完成度は高い。

CX-5でデート旅行で遊んでみた

温泉ドライブのおすすめ

ホンダとスズキ、ダイハツ、日産&三菱、軽自動車で勝つのは

ラパンの板金修理は興奮を覚える

登録車と軽自動車はどっちがお得

アクセラの後継はMAZDA3

ノートのシリンダー清掃の不得意部分

マイルドハイブリッドは中途半端

アルトのエンジン音が好きの衝突安全性はつまらない

リーフのキーレスエントリーシステムの矛盾

モーターショーで公開される車種

レクサスISのオートサロン

フリードのレカロシート交換は今でも覚えている

日本車でソロキャンプしたかった

N-VANのアクセル動作の得意部分